NO MORE ワキガ

   

アルコールはワキガに悪影響なのか

気温が高いときや、体を動かした時などに汗をかいてしまうと、体臭を気にしてしまう方は非常に多いとされています。大衆トラブルの中でも特にトラブルになりやすいといわれているのが「ワキガ」の症状です。ワキガ臭は主に脇汗や皮脂が原因といわれており、普段からこまめにシャワーで汗を洗い流したり、湯船につかることによってニオイ対策を行うことは十分に可能だといわれています。毎日シャワーを浴びて肌を綺麗にしているのに、体臭が目立ちやすいという方は毛穴に老廃物が詰まっており、汚れが落としきれていない可能性があるため、汗をしっかりかいて老廃物を排出するためにも湯船にゆっくり浸かることが重要です。
最近では重層など体臭を中和消臭する作用のある成分をお風呂に入れて、重層風呂に浸かって肌を清潔に保つようにしているという方も増えてきています。日常的な体臭対策として効果的だとされているのが、肌を清潔にしながら制汗剤を利用することです。ロールオンタイプやクリームタイプなど直接臭いの気になる部分に塗り込むタイプの制汗剤であれば、臭いの原因となる汗を抑えて汗染みを防いだり、臭いを長時間防ぐことが出来るので非常に効果的だとされています。
ただこのようなお手入れを行っているのに、ワキガ臭が改善しないと悩んでいる方は原因が複数ある可能性があります。まず挙げられるの原因の一つが食生活が不規則であったり、偏ってしまっている可能性があることです。臭いの強い汗を分泌するといわれているアポクリン汗腺は、バランスの良い食生活をおくっている限り強い刺激を受けることは少ないといわれています。しかし肉類や乳製品、油分の多い食事を摂ることが多い場合、アポクリン汗腺に刺激をあたえて臭いの強い汗が分泌されやすくなってしまう恐れがあります。
これらの食事はアポクリン汗腺の働きを活発にさせて、汗の量が通常よりも多くなりますし体臭を強くしてしまうといわれています。ただ全く摂取しないと栄養バランスを崩してしまうので、バランス良く食事をとるようにしたり体臭を抑える効果の高い、梅干しやめかぶなどのアルカリ性食品や緑茶などをとるようにしましょう。
また日常的にお酒などを飲む機会が多いという方は多いですが、お酒に含まれているアルコールはアポクリン汗腺を刺激しやすい特徴をもっています。アルコールの他にも喫煙者などはタバコに含まれているニコチンが汗腺に刺激を与えやすくなります。そのため日頃からアルコール摂取とタバコを吸っている方は体臭がきつくなることが多いことがわかっています。
アルコールやタバコ、香辛料などの刺激成分は、エクリン汗腺やアポクリン汗腺全てを刺激するので、汗の分泌を通常よりも多くする特徴があります。アルコールは様々な種類がありますが、その中でも特に注意をしなくては行けないのが、炭酸が入っているビールやスパークリングワインなどのお酒です。夏の季節はどうしても爽快感の高いビールなどを飲む機会が増えてしまうので、気温も高いことから体臭が悪化してしまう可能性が高くなる時期だといわれています。
そのため毎日飲酒することが増えているという方は、体臭だけではなく体の負担を考えた上で週に何日間は休肝日を設けるようにすることが大切です。しかし実はワキガに悩んでいる方は、適量であればアルコールを摂取しても問題はないといわれています。これは毎晩の晩酌や飲み会を通してストレス発散をしているという方であれば、ある程度のお酒は心を落ち着かせる効果があります。ワキガや多汗症はストレスに大きく影響をあたえるので、飲みすぎなければかえって体臭を最小限に抑えることが出来る効果が期待できるのです。

アルコール摂取 , タバコ , 原因 , 喫煙 , 重曹 , 香辛料