ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

ワキガがいじめに繋がることもあり子供の場合は要注意

ワキガ臭は汗をかきやすいタイプの人が症状を持ち、本来は汗自体は無臭ですが、汗に細菌が増殖してしまうとそれに伴って発生する特徴があります。その発生は体質によるとされますが、ほとんどの人は入浴しないなどの状況があれば発生する性質も存在します。
つまり臭いは程度の問題にあると言われており、気になる人と気にならない人に分けることができます。この臭いは本人が自覚することが少なくなるとされ、その理由は臭いが常態化してしまうと鼻が慣れてしまう点があるからです。
つまり本人が気づくことなく、周囲にいる人で臭いに敏感な人だけが気が付くことが多くなります。もっとも汗をかいたときに、脇に汗をかきやすい方はワキガになりやすいとされ、スポーツなどをした後に自分で鼻を脇に持っていき臭いを嗅げば臭うこともあります。
その場合には、本人でも確認をすることができるまで異臭を放つため、完全にそうだと意識することが可能です。かつてはそれを治療する上では、わきの下の汗を分泌する汗腺の問題だとされ、手術を行いそれを除去することで解決できるとされていました。
今でも美容整形クリニックなどで、手術による解決策を提示されることもあるぐらいです。根本的な解決をしたい場合には、その方法を選択することは優れています。
ところが近年はデオドラント製品も開発され、以前よりはワキガの人でも制汗剤を利用すれば気にならないレベルまで抑制することが可能になったのも事実です。エチケットをしようとすれば、誰でも行うことができ、優れた商品も多くなり、ワキガの問題も解決したかに思われます。
ただ子供の時分に発生すると、それがいじめの原因に繋がることが多くなります。特に子供は新陳代謝が活性化されている時期で、体温も高めで汗をかきやすいです。
しかも入浴自体を嫌う子供も多いので、当然の如く起こりやすい症状になります。また体質によっても、異臭を放ちやすい特徴もあり、それを原因にして周囲の子供が気づいてしまい、それで臭いということで気持ち悪がられてしまいます。
一度、いじめに遭うと例えば制汗剤で臭いを抑制した対策をしても、そのレッテルを貼られていることで、そのまま継続していじめの対象になります。特に女子の場合は惨めになり、出来る限り親が気が付いて対策をとることがポイントです。
現在では臭いを抑えるクリームなどの優れたデオドラント商品が開発されていたりするので、それを塗布すると臭いを感じないレベルまで解決することができます。つまり子供で体臭がきついのではないかとされる場合には、まず脇の下の手入れで清潔をすることを勧め、定期的に親も確認することがポイントです。
その上で定評のあるデオドラント商品を利用して、学校へ行く前などに塗布させたりします。デオドラント商品の中でも塗布した時点が効果があっても、時間を経過すると臭うケースもあります。
その場合には臭わなくなるまで、様々なデオドラント商品を試すなどして、最適な商品を見つけるように努力することが大切です。もちろん臭いの問題は、多少は人間社会の中でも我慢すべきことかもしれません。
しかし周囲に迷惑をかける恐れもありますので、常に自分の臭いに対して意識を行っていくことは人生においても重要です。大抵は子供の時期だけの問題で解決することも多いですが、子供の時にワキガであれば大人になってからもそれを受け継ぐ可能性があることを知っておく必要があります。
ただ子供の頃より新陳代謝が落ちてくるので、その分だけ臭いも落ち着いたりすることも多いです。大人になってからもワキガを感じる方もおりますので、いじめはないにしろ、周囲の人の評価に影響を与えることもあります。
臭いには敏感に生きていくことは大切で、どうすれば良いかを常に検討しておくと良いです。

最終更新日

セルフチェック , デオドラント , ワキガ , 体臭 , 制汗剤