NO MORE ワキガ

   

ワキガに関連する食べ物とは

ワキガは独特な臭いから病気と勘違いしてしまう人もいますが、汗が原因となる体臭の一種であり、体質によるものです。汗を出す汗腺は誰でも持っていますが、ワキガ体質の方は汗腺の数が多く、それによって他人よりも汗の量が増えて臭いに繋がるとされています。
一口にワキガの臭いといっても自己ケアで気にならなくなる人もいれば、自己ケアだけではどうにもできない人まで様々です。自己ケアでどうにかなるのなら小まめに汗を拭き、制汗剤で臭いを抑え、体臭ケアの石鹸を使用することで防ぐことができます。また、食べ物を気を付けることも効果的です。

そもそも汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類がありますが、このうち臭いの元となるのがアポクリン腺から出る汗です。
アポクリン腺の分泌物は皮脂やたんぱく質などの老廃物を含んでおり、それが脇の下などの通気の悪い箇所で腐敗し、さらにエクリン腺から出る無色透明の汗を混ざることで臭いが広がる仕組みです。

アポクリン腺から出る老廃物の成分は、肉類や乳製品などの動物性たんぱく質に多く含まれています。ワキガの体質で言えば本来日本人は割合が少なく、黒人や白人に多いとされているのですが、その理由の一つとして食生活があげられます。
欧米人は肉食文化なのに対して、日本人は野菜や魚を多く食べてきました。そのため、体臭の少ない民族として知られているのです。ただ、近年は食生活の欧米化が進み、日本人の体臭率が上がってきているとも言われています。
そうした点を考えても、体臭を抑えるためには動物性たんぱく質の摂取は控えた方がいいでしょう。

逆に体臭対策に効果的な食べ物は抗酸化食品やアルカリ食品です。

抗酸化食品とは、緑黄色野菜や緑茶などです。タンパク質や脂質の酸化を抑制するので、臭いを防いでくれます。ニンニクも抗酸化作用がありますが、摂取しすぎるとアリシンというニオイの元となる物質が血液に取り込まれて皮膚から排出されるため体臭が悪化する可能性があります。
そして、抗酸化食品よりも重要なのがアルカリ食品です。

人の血液は通常であれば弱アルカリ性に保たれています。
しかし、食べ物によって酸性の状態に傾くと体臭がキツクなると言われています。酸性食品には先述したように体臭の原因となる肉類、乳製品、アルコールなどがあげられます。
血液をアルカリ性の状態にするためには、アルカリ食品を摂取することが重要でしょう。
アルカリ食品は、緑黄色野菜・海藻類・キノコ類・梅干し・バナナなどです。つまり、体臭対策におすすめの食事は和食だということです。
ちなみに、意外にもアルカリ性が最も強いとされているのはバナナだと言われています。

酸性食品を控えることは重要ですが、それらも大切な栄養分なので極端に制限することはおすすめできません。お肉を食べすぎたら野菜を多く摂るなど、工夫しながら自分の食生活と向き合っていくことが大切です。
また、老廃物を排出するための食物繊維を摂る、腸内環境を整えることもあげられます。腸内環境を整えるにはヨーグルトが一般的ですが、これは酸性食品でもあります。ヨーグルトの変わりに摂取を考えるのなら、味噌などの植物性の発酵食品がおすすめです。

さて、食べ物を気を付けることは臭い対策になりますが、根本的な改善には至りません。もしも食事に気を付けても臭いが防げない場合は専門機関で治療を受けることも検討しましょう。
ワキガの治療方法は様々です。根本的に解決するには手術で汗腺を切除するしかありませんが、人によっては保険治療を行うこともできます。また、手術以外の方法で改善できるケースもあるので、いずれにして医師に相談してみましょう。

たんぱく質 , アルカリ食品 , 食生活 , 食生活改善