ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

ワキガの原因や治療と治療費について

暑いときや運動をした後だけでなくても、人間は汗をかく動物です。わきからも汗が出るのは自然なことで、女性など薄着になると脇汗のシミや臭いが気になって、シミにならないようにパッドを入れたり臭いがしないようにスプレーやクリームなどをしている人も少なくありません。しかしそれらのことでは臭いもシミも除去できないくらいの強烈なにおいの汗をかく場合もあり、そのような症状は「ワキガ」といわれています。
人間にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類の汗腺があり、エクリン腺は真皮の部分にありますが、アポクリン腺は皮脂腺より奥の皮下脂肪の部分にあり、脂質やタンパク質、糖質やアンモニアなどを含んで少しべたべたしています。汗自体は無臭なのですが、そのようなアポクリン腺から出た汗が皮膚の表面の常在菌と混ざりあうことで強烈なにおいとなってしまうのです。エクリン腺から出る汗はサラサラとしているのですが、その汗とアポクリン腺から出る汗が一緒になると、サラサラとした汗は蒸発して周囲に飛んでいくため、周囲にもワキガの臭いが行ってしまうことになります。
アポクリン腺はわきと乳輪、外陰部と外耳道のみにある汗腺で、アポクリン腺から出る汗が多い人がワキガになってしまうのですが、それは遺伝する体質の問題で自分ではどうすることもできません。だから「今まで何ともなかったのに急になった」ということはなく、もともと持っていた体質のものが何らかの理由で汗腺の働きが活発になっただけということです。もともと耳垢が湿っている人や肌着が黄ばむことがある人、脇毛が多い人、親がワキガの人は体質的に持っている可能性が高いといわれています。
その何らかの理由というのは生活習慣により、肉中心の食生活やストレスや疲労、飲酒や喫煙などが考えられます。また普段汗をなかなかかかない人がたまに汗をかくと、たまっていた老廃物がたくさん混ざって出てきてしまうので、さらにきつい臭いとなって出てくるということもあります。そのためワキガを少しでも軽減したい場合は食習慣や飲酒などの生活習慣を改善し、あまりストレスを溜めないことや、日頃から汗を小出しにできるように運動をするなどの努力が必要になります。
しかし治療という方法もあるので、ワキガや多汗症を治療するクリニックに相談をしてみて適切な治療を受けることが勧められます。その治療法はいくつかあり、塩化アルミニウムローションで汗を抑える方法やレーザーか針で汗腺を破壊する脱毛治療、腺の働きを抑えるボトックス治療、5mm程度切開して腺を取り除くクアドラカット法、3cmから4cm切開して見える部分の腺を切除する剪除包などがあります。ローションと脱毛の場合は麻酔はしませんが、その他の方法なら麻酔クリームや局所麻酔で治療が行われます。またローションとボトックス以外の方法ではほぼ永久に効果があるので一回の治療で改善が期待できます。
それぞれの治療に係る治療費ですが、ローションの場合は2、3日ごとに塗るようにして1本あたり2、3000円で、針脱毛なら5000円程度、ボトックスは約6か月の効果があり約6万円から8万円、クアドラカット法なら40万円程度、剪除法なら保険適用で両わきで5万円程度となります。
治療法や治療費に関してはクリニックによっては様々で、最新の機器を導入していて、切開をすることなく汗腺だけに照射して汗腺にダメージを与えるビューホットやミラドライなどの方法もあります。ビューホットはカートリッジに内蔵している極細針が深さを変えながら熱を浸透させるもので、ミラドライはマイクロ波を照射して汗腺にダメージを与えるもので、治療費はどちらも保険が適用しないので、30万円前後となっています。

最終更新日

ストレス , 原因 , 治療法 , 生活習慣 , 費用 , 運動不足 , 食生活