ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

ワキガの臭いを気にせずにポリエステルの服を着たい!その対策とは?

ワキガの臭いが気になってしまう人の中には、ポリエステル製の服を着るとより臭いが気になるという人も多いのではないでしょうか。ポリエステル製の服は表面がツルツルで水分を吸収しにくいという素材上の特徴があるため、脇汗をかいても蒸発せず、内部に臭いがこもってしまうのです。とはいえ自分好みの服を選んでいたら、それがポリエステル製だった場合、ワキガを理由にして諦めるというのもつらいものがあります。そこで、ここではワキガの臭いに悩む人たちが、臭いを気にせずにポリエステル製の服を着られるような対策をいくつか紹介していきたいと思います。
まず、対策をする際に重要なポイントとして挙げられるのが、脇側と服側の両方に気を付ける必要があるということです。ワキガの臭いは、アポクリン汗腺から出た汗に含まれている栄養成分や老廃物が、身体の表面にいる細菌と反応して発生します。さらにその汗が衣服に付いてしまうことで周囲に臭いを拡散してしまうのです。そのため脇の臭いが発生する原因となる細菌を抑えるという脇側の対策と、衣服に汗がつかないようにするという服側の対策が必要になってきます。
脇側の対策として挙げられるのがデオドラント剤を使用する方法があります。細菌の繁殖や臭いを抑えるデオドラント剤は色々な種類のものが販売されているので、自分に合ったものを選んで使用するようにしましょう。使用の際のポイントは、出かける直前などに使用するのではなく、脇の細菌が減少しているお風呂上がりや、出かける日の朝などにすると効果的です。スプレータイプのものやクリームタイプのものなどがあり、人によって合う合わないはありますが、しっかりと脇に塗り込むことができ、効果の持続時間も長いクリームタイプのものが特におすすめです。
服側の対策としては衣服に汗が付かないように気を付けるということが重要です。脇汗テープや脇汗パットなどを利用する方法がありますが、脇汗テープの場合はお肌に直接貼り付けるのでお肌の弱い人は黒ずみやかぶれといったトラブルの原因になってしまうこともあるので注意してください。脇汗パットはお肌へのダメージも少なく、様々な衣類に対応できるという利点がありますが、動き回るようなことがあるとずれてしまうことも考えられます。最近では脇汗パット付きのインナーも出てきていて、一体型なのでずれる心配も少なく、インナーなので色々な服に合わせることもできます。
また、服自体のケアも臭いを抑える上では有効になってきます。ワキガの人のための衣類用の消臭スプレーもあり、着ていく服に事前に吹きかけておくことで消臭対策になります。デオドラントクリームとセットになっているものもあるので、同じブランドのものを利用するとより高い消臭効果が期待できます。他にも一度着た服は洗濯するのはもちろんですが、汗をかいて脇の部分が濡れると臭くなってしまうような服の場合は、洗濯で汚れや細菌が落ち切っていない臭い戻りの可能性もあります。酵素系の漂白剤を使用したり、煮沸消毒するなどしてこまめに除菌をすることで、臭い戻りをある程度抑えることができるので、臭いが気になる服がある場合は試してみるといいでしょう。
ワキガの臭いに悩まされている人の中には、せっかくお気に入りの服を買っても臭いがついてしまうのでなかなか着られないという人も多いと思います。特に臭いの広がりやすいポリエステル製の衣服の場合は、デザインが気に入っていたりサイズやイメージがぴったりでも、臭いが付くのを気にして敬遠してしまう人もいるでしょう。しっかりと対策をすることで、ポリエステル製の服でも臭いを気にせず着ることができ、おしゃれを楽しむことができるので是非参考にしてください。

最終更新日

クリーム , スプレー , デオドラント , ポリエステル , 漂白 , 脇汗テープ , 脇汗パット