NO MORE ワキガ

   

ワキガ治療も保険適用となるケースがあります。

日常生活に支障を来すような大きな病気、それこそが保険適用の条件です。ワキガの場合は、アポクリン汗腺というところから汗が出てきて、その匂いがとにかく臭いというのが症状です。単に匂い程度であれば適用されないのではないかと思っているかもしれません。ですが、そのツンとした刺激臭は単なる汗の匂いとは一線を画します。病院によっては保険適用を認めているところもあるため、とにかく安く治療を行いたいというなら調べてみた方がよいのかも知れません。

ちなみに、美容外科や美容クリニックは「美容」すなわち美しさに重点を置いた治療を行うところですから、自由診療のみのところが多いです。

日本人は匂いにとことん敏感です。スーパーやドラッグストアに行っても、消臭剤や脱臭剤のコーナーが広く様々なメーカーの製品が並べられていることからも分かるでしょう。人によっては、単なる汗臭さをワキガと謝って認識してしまっているケースもあります。大部分が水分で出来ている普通の汗も、長時間放置していると菌が発生し匂いは出てきます。鼻はどんな香りであっても慣れて分からなくなるという特徴もあることから、本当は臭ってもおらず他人も気にしていないのに自身で勝手に判断して、「臭い」と思っている方だって少なくはないのです。もちろん、ワキガではない方にその治療のための保険が適用されるはずはありません。まずは病院でワキガかどうかを調べてもらうところからです。ただし、ほとんどの判定は医師による嗅覚が基準となっているので、医師により見解が異なる場合も多いです。たとえば黄ばんでしまった衣服を持参したりしても良いのかも知れません。

見事ワキガと認めてもらっても、その治療法というのも様々あります。最も一般的なのは剪除法、脇を切開して目視で確認しながらアポクリン腺を取り除くのです。見ているのだから取り残す不安は少ない一方、大きく切る必要がありダウンタイムも長く傷跡が残るデメリットもあります。切開の幅を少なくしたいなら吸引法でしょう。管が通るだけの穴を開け、そこからアポクリン腺を吸い込みます。傷が少なくて済む反面、直接見ていないため取り残す可能性は高いです。もしも残っていたら脇の匂いが完全に消えることはありません。最近では皮膚を切ることなく施術できるマイクロウェーブ法・ミラドライもあります。

剪除法に関して保険適用のある病院は多いです。自由診療なら30万円ほどかかるはずが、3万から5万円程度で済むのはメリットです。吸引法やマイクロウェーブ法を保険適用としているところも無いわけではありません。保険の適応が無ければ、6倍から10倍値段かかるのですから金銭的負担は全く違ってきます。とはいえ、その何れもメリットがあればデメリットがあります。それに病院ごとにどの治療法が得意なのか・症例数はどれくらいあるのかなども違ってくるでしょう。大切な体ですから、お値段の安さだけで病院選びをするのは避けた方が良いです。ワキガという大きな悩みを無くす代わりに傷跡を残したり、せっかくそれなりの金額を支払っても悩みが消えなければ意味がありません。10分の1となっても3万円程度からとなると、それなりに高い手術なのです。よく調べてから納得のいく解決法を見つけ出しましょう。たとえ手術をせずとも、食事の内容を変えたり普段の生活習慣を改めることで、臭いが軽減されるケースもあります。最近何かと注目を集める病気となっているのは現代人の生活が問題、実際には遺伝によって伝わってきた病気ですからもっと昔から続いてきているのです。もしかしたら両親も発症しておりアポクリン腺を持っているにも関わらず、気になる匂いが発生していないだけかもしれません。

ケア商品 , スプレー , デオドラント , 保険適用 , 制汗剤 , 手術 , 治療法 , 費用