NO MORE ワキガ

   

汗染みでわかるワキガの症状と対策

ワキガの症状は汗染みによってどの程度進行しているのかがわかるようになっています。そもそも、ワキガの臭いの成分というのは汗の中に含まれている特殊な成分によって決まります。元々、通常の汗は無色透明になっていますので、匂いを嗅いだとしてもそこからは悪臭を感じることはありません。しかし、ワキガに関連する汗はアポクリン汗と呼ばれるものになっていて、悪臭の原因となっている様々な物質が含まれています。例えば、タンパク質などが含まれていますので、汗染みとなって色が出てくる時には黄色く変色して出てきます。ですから、ワキガを発症している人は脇を見ることによって症状を発症しているかどうかを自己判断できるようになっています。実際に、こういった変色を確認できたときには本人が自覚していないだけで、周囲に悪臭をばらまいている可能性が高いです。対策としては、外出しているときにはなるべく脇から汗が出ないようにすることが大切になります。簡単な方法は、まず通気性のある服を着ることです。アポクリン汗が出てくるアポクリン汗腺は、空気に触れてそれが気化することで周囲に悪臭を拡散させてしまいます。つまり、気化しないように通気性を良くすれば悪臭は周囲に拡散しません。また、脇から生じたこういった成分は、元々脇に存在している細菌と反応することによって余計にきつい臭いを発生させてしまうという特徴が存在します。例えば、セーターなどを着ると蒸れてしまって元々存在している細菌がより繁殖してしまうことになります。当然ですが、この場合は臭いがきつくなる可能性が高くなります。実際に、冬場などは特に通気性が悪い服を着ると、悪臭が夏場よりもきつくなってしまう可能性があります。冬場は特に蒸れやすい季節であるため、汗の湿気が服の中にこもるようなことがないように気を付けなくてはいけません。本来は、夏場の方が汗染みなどが出やすい状況になっているのですが、セーターなどの通気性の悪い服を着ることで細菌が繁殖してしまい、より臭いがきつくなるという悪循環に陥ってしまうわけです。こういったことにならないようにするためには、通気性のある服を着てそもそも細菌を繁殖させないようにすることが重要になります。こうすれば、汗そうなものを出さないようにすることができますので、結果的に臭いを抑えることもできます。そして、こういった対策ができないあるいは面倒だと感じる人は市販で販売されている脇パッドのようなものを利用することが大切です。これは、シールなどでも構いません。上記のように汗そのものを出させなければ問題ありませんので、脇に直接的に貼ることができるシールのようなものを購入しておけば、それだけで臭いを抑えられます。特に、外出をしなくてはならないようなときや夏場なのでより汗をかくような時には便利です。また、汗を出さないことはもちろん大切なのですが、脇に存在している細菌も問題であるため清潔な状態に体を保っておくことが重要です。通気性を良くして、なおかつ汗そのものを出さないように努力することによって症状を改善することは難しくありません。仮に、こういったことを行っても症状が改善できないようなときにはクリニックに行って対処をしてもらうという方法も存在します。実際に、クリニックで行われている治療方法というのはそれほど高くはありません。脇の部分のアポクリン汗腺を手術などによって調整することで、臭いの元になっている汗そのものを断つことができます。ですから、クリニックでは比較的簡単にワキガの症状を治療することもできます。本当に悩んでいる時には、このようにまずクリニックに行って相談するのも一つの手段でしょう。

クリニック , 服装 , , 脇汗テープ