NO MORE ワキガ

   

臭いが気になるのでワキガかもしれないと思ったらセルフチェックを

もし自分が人よりも体臭が強い体質だったらショックですよね。でも、柿渋由来のタンニンや、緑茶由来のポリフェノールのように、天然由来の体臭を抑える成分を配合したクリーム状の市販薬や、身体の中から臭いケアが可能なサプリメントなども販売されているので、これを入手することで普段から対策をすることもできますし、どうしても根本的に解決したいなら手術という方法もあります。手術とまでいかなくても、一時的にアポクリン腺の働きを弱めるために、夏の汗の量が増える時期にボトックスを注射する人も多いんですよ。
それでは、どうやって自分がワキガかどうかを判断したらいいのでしょうか。生活習慣を改善やグッズなどを使って対策する方向で行きたい人も、手術をして完全に体臭から解放されたい人も、まずはセルフチェックをすることから始めてみてください。
具体的なセルフチェック項目ですが、以下のうち7つ以上当てはまる人は要注意です。1つ目ですが、ワキガになる体質や遺伝しやすいので、もし両親、もしくは片方の親がワキガである場合は自分もそうである可能性が高くなります。2つ目のチェックポイントは、衣服の脇の下です。アポクリン腺が多くてにおいのある汗をたくさんかいている人は、脇の部分が黄ばんでいるはずです。3つ目は脇毛が濃い人や毛質が柔らかい人です。脇毛の量が多いと蒸れるので、常在菌にとっては繁殖しやすい環境になります。女性の場合は、一つの毛穴から複数の体毛が生えている毛深い人だったら、普段から臭いに気を付けた方がいいですよ。男性で気を付けたいタイプの脇毛は、広い範囲にソフトな脇毛が生えている人と言われています。
脇毛の状態をチェックする時に、白い粉があるかどうかも確かめておいてください。この粉は、アポクリン腺から作られた汗に含まれている分泌物が決勝になったものなんです。これが4つ目のセルフチェックポイントです。
5つ目の項目は、耳垢が湿っているかどうかという点です。耳垢はどちらかというと乾燥している人の方が多いのですが、ワキガの人は耳にもアポクリン腺が多いので、湿ったタイプであることが多いんですよ。綿棒などで耳垢を少し取り出して調べてみましょう。6つ目は体臭がきつくなり出したタイミングについてです。アポクリン腺が増加するのは思春期になってからなので、この時期から急に脇やデリケートゾーン、足の裏などがに応用になったらワキガの可能性が濃厚です。7つ目は脇の下に汗をかきやすい人です。ワキガと多汗症とは別の症状ですが、アポクリン腺から出る汗の量が多いとその分、体臭に結びついてしまいますよね。
アポクリン腺から発生する臭いを強める生活習慣を送っていないかもチェックしておきましょう。普段からアルコールの摂取量が多く、喫煙習慣がある人は危険です。食事の時に脂肪分の多い食材や、焼き肉やステーキなどの肉料理をたっぷり食べる人も、なるべく野菜中心のヘルシーな食生活に改めておくのがオススメです。きつくなっている体臭を和らげる効果もありますし、野菜を多めにして血中コレステロール値を下げる食生活の方が、動脈硬化や脂質異常症などの予防にもつながるので、将来の生活習慣病の罹患リスクも下げられるのでいいことづくめです。普段あまりスポーツをしない人も危険です。汗をかきたくないのでスポーツをするのが嫌だという人は一定数いますが、逆にあまり汗をかかないことで身体の老廃物が溜まりがちになってしまい、たまに汗をかいた時に臭いが余計に強まってしまうんです。普段からストレッチなどで軽く汗を流すようにするか、半身浴などをして入浴中に適度に汗をかいてデトックスしましょう。

アルコール摂取 , セルフチェック , デトックス , 喫煙 , 生活習慣 , 遺伝